google-site-verification=Yx3C-kM_ivTvvj7vZqVDjNdg29R59FhGvydIhH9VDvc
英国

ゴディバチョコレートのトレードマークの由来はイングランドの伝説!!

こんにちは!

ゴディバのダークチョコレートクッキーをいただきました!あまり焼き菓子は食べないのですが、これは甘さ控えめで美味しかったです!

ところで、ゴディバのトレードマークは「馬に乗った髪の毛の長い女性」ですよね。その女性は一体どこの誰なのかご存知でしょうか。

本日はゴディバのトレードマークの女性にまつわる伝説のお話です。

 

ゴディバのシンボル(トレードマーク)

ゴディバのシンボルは、馬に乗った髪の毛の長い女性ですよね。

実はこの女性、英国はイングランドのコベントリーという町の伝説に出てくる方なのです。

その伝説とは、、、

11世紀、コベントリーの領主である、レオフリック伯爵が建物の建設を次々に計画し、領民に重税をかけようとした時、それを領民のために止めようとしてくれたのが、美しい伯爵夫人でした。

この方がレディ・ゴダイヴァ

伯爵は夫人に「もしお主が一糸まとわぬ姿で馬に乗り、コベントリーの町中を回ることが出来たら、その時は税を引き下げて建設計画を取り止めよう。」と言ったのです。

翌朝夫人は勇敢にも領民のためにそれを実行し、重税を阻止したのでした。

そのゴダイヴァ夫人の勇気と深い愛に感銘を受け、自身のチョコレート店にGODIVA」と名付け、またトレードマークにしたのが、ゴディバの創業者ご夫妻なんですね。

GODIVA

しかし、ゴダイヴァとゴディヴァ(ゴディバ)。とても似ていますがちょっと発音が違いますよね。

英語読みは         [ゴダイヴァ]

フランス語読みは [ゴディヴァ(ゴディバ)]

ベルギーの公用語は

  • オランダ語
  • フランス語
  • フラマン語

の3か国語です。

地域によって話す言語が違うのですが、首都のブリュッセルは2か国語(オランダ語とフランス語)の併用の義務あり。

ただ、私の今までの経験からみると、ブリュッセルの人達は、ほぼ100%フランス語を話していますね。

なので、GODIVAフランス語読みでゴディヴァ

つまりコベントリーのゴダイヴァ夫人ことなのです。

ゴディバは王室御用達のブランド

ゴディバといえばベルギー創業の、王室御用達のひとつに数えられている、高級チョコレートブランドですね。

ベルギーの首都ブリュッセルの中心に、グランプラスという世界遺産に登録されている広場があります。

フランスの詩人、ジャン・コクトーに、「豊穣なる劇場」フランスの文豪、ヴィクトル・ユゴーに、「世界で最も豪華な広場」といわしめたところなんです。

ゴディバの本店はその広場の一角です。その本店の前がグループのお客様の再集合の定番の場所として私はいつも使っています。

ちなみにベルギー王室御用達のチョコレートブランドは8つ。
★ゴディバ
★ノイハウス
★ピエール・マルコリーニ
★レオニダス
★ヴィタメール
ここまでの5つは日本でも知名度が高いと思います。
★ガレー
★ヴァンデンダー
★マダム・ドリュック
この3つは日本では知名度が低いかもしれませんね。

英語のイディオムにもなったエピソード

ところで、先程の伝説にはまだ続きがあるんです。こんなときには決まって抜け駆けをする者がいますよね。

夫人が裸で馬に乗り町中を回っているとき、領民は夫人の気遣いに深く感動し、どの家でも窓を閉めて夫人の姿を見ないようにしたそうですが、1人だけ我慢できずに覗き見をしたのがトムという男。

英語で「覗き=peeping

そしてトムを加えた「peeping Tom」は「覗き魔」というイディオムなってますよ。

そのピーピングトム、覗き見をした瞬間目が潰れてしまったそう。
いやはや。

コベントリーのからくり時計

photo by Elliott Brown

コベントリーの街の広場には伝説のゴダイヴァ夫人の騎馬像。

photo by Amanda Slater

1時間おきに馬に乗ったゴダイヴァ夫人が登場するからくり時計。

photo by Alex Liivet

夫人の上には覗き見をするピーピングトム(笑)
なんとも笑えるからくり時計をみることもできます。

ABOUT ME
旅する仮面 さき
海外旅行専門のプロ*旅行業界唯一の国家資格を有するレアな添乗員*欧州を中心に現在5大陸56ヶ国訪問*渡航日数2300日以上*渡航回数約300回*マイレッジ累積約1000万マイル(プライベート=ビジネスクラス利用)*身元を隠す仮面装備中*